大きくする 標準 小さくする

メッセンジャー通信 ブログテーマ:宇宙雑学

光よりも早いニュートリノ…アインシュタインは間違っていた?

[宇宙雑学] 投稿日時:2011/11/01(火) 11:30

超光速素粒子ニュートリノ、27日から検証実験 相対論の行方、世界が注目



物質を構成する最小単位の素粒子「ニュートリノ」が光よりも速く動いたとする測定結果を、名古屋大大学院理学研究科の中村光広准教授らの参加する国際研究グループが9月に発表しました。
これは光速を超える物がないことを柱とするアインシュタインの相対性理論と矛盾する結果であり、事実であれば現代科学が根底から覆るほどの大発見です。



穏やかな波長を通し、ヘドロポリス(アンドロメダにある七次元の星)に住んでいるアインシュタインさんと共感、対話をおこないました。
「光より速い素粒子発見」とは果たして正しいのか、全世界の科学界が検証してみようとしている内容を主題に会話してみました。




____________



アインシュタインさん、いらっしゃいますか?

はい、お待ちしておりました。



アインシュタインさんは相対性理論を通し、光の速度よりも速いものはないということと、時空間のゆがみについて、説明されました。
今回の発表は、現在の科学を100年間支えてきた偉大な理論に対する挑戦状だと言えます。
地球が存在している3次元世界で発表された相対性理論ですが、今回発表されたことに対しどうお考えですか?
測定ミスですか?偉大な発見でしょうか?


地球人たちがしっている世界は、まず、おっしゃる通り3次元の世界を基準にしています。
3次元世界では光より速いものは存在しません。
しかし、次元を拡張した宇宙へ目を向ければ、光よりも速い物体や粒子はいくらでも存在するのです。

私が今暮らしている7次元から3次元に存在しているメッセンジャー(対話者)と対話できることも、つまり波長を通しておこなう方法ですが、この波長は光の数十、数百倍の速さです。

人間たちが考えている宇宙の根源物質は、宇宙からすれば大きな粒子の一つだと言えるでしょう。
それより数億倍小さい粒子がありますが、これがすなわち東洋思想で考えられている宇宙の「気」です。
これはとても小さく、現代の科学では測定できないものであり、今の科学の発達状況を考えれば、1000年も経てば測定可能になるでしょう。

地球上、いえ、宇宙上に存在するまったく同じように見える粒子であっても、それが持っているエネルギー量は違いがあります。
人間たちが作ろうとしている核融合反応も同様です。粒子に膨大なエネルギーを注ぎ込むことで、想像もできないようなことをするために研究していますね。

人間たちが考えている宇宙と実際の宇宙はかなりの差異があります。
重畳(幾重にも重なった)宇宙を通過し、光りよりも速い速度で交流がおこなわれている宇宙時代に地球が入ろうとしていますが、それに伴い、現在の視点から人間の意識をより拡張させるために発見されたと言えるでしょう。



重畳宇宙とはなんですか?

現在地球は3次元に存在しています。
これはつまり、3種類のエネルギーの向きが存在していると言うことです。
4次元になれば、4方向に運動が可能であり、5次元になれば5方向へ運動が可能です。
これは俗に言う、次元の壁の要素だと言えます。
同じ次元内ではどれほど速い速度で動いても限界があり、過去や未来の状況を確認することはできません。
しかし4次元以上では、過去と未来をある程度は自由に行き来できます。

地球で超音速飛行機を作るとき、地球の大気圏の中だけを動くなら速度の限界があるため、大気圏外に出て一定の範囲を飛行した後に地球に戻れば、より早い時間で移動が可能になるのと同じことです。
宇宙には人間が測定できず理解できない、大気圏のような膜が無数に存在していますが、これは次元の膜だとも言えるでしょう。

次元の膜を通過するためには、膨大なエネルギーが必要です。
雷が落ちるとき次元が異なる場所に移動するという設定のマンガがありますが(何のマンガか不明)、それは正しいです。
稲妻のように、瞬間に膨大なエネルギーが特定の空間に集中するとき、次元の門が瞬間的に開かれる場合があります。

このような方法で宇宙では次元の膜を通過し、望んだ場所へと瞬間移動をしているのです。



そうなんですね。
つまりは、時代別に新しい科学的発見を通し、人間の意識の幅を広げる契機としているようですね。
今は宇宙時代に直面しているため、光より速いものが存在し得ることを伝えてくださっているのですね。


その通りです。
人間たちは物質界の中で、科学者たちの理論的説明と証明がなければ信じない習慣を持っています。
だから、精神文明が爆発的に発展できる機会をたくさん仕掛けているのです。
東洋で発達した精神文明を再び活気づかせるためには、自分たちの科学的思考をしばし置いておく時間が必要なのです。

今まで人間たちが培ってきた科学的常識が破壊される事件が、今後も次々と起こるでしょう。



その事件とは、どのようなものでしょうか?

もっとも簡単に起こりうる事件は、宇宙人との直接的な出会いでしょう。
非公式的に交流している場合が多いですが、大衆の前に実際に現れる時、凄まじい意識の拡張を経験することになるでしょう。
私たち宇宙人たちは、地球人たちの意識の拡張を通し、私たちと交流できる日を待ちわびています。



そうなんですね。
素敵なお言葉、ありがとうございます。

古代マヤ人、宇宙人と繋がっていた?

[宇宙雑学] 投稿日時:2011/11/01(火) 01:01

「古代マヤ人は、宇宙人と交流していた」という主張が、インターネット上で話題になっています。

9月28日アメリカ芸能専門ニュース「Thewrap」によれば、メキシコ政府の関係者と映画製作者ラウル・ジュリア・レヴィは、古代マヤ人たちが宇宙人と交流していた可能性が高いと発表したそうです。
ルイス・アウグスト・ガルシア・ロサド観光長官によれば、「政府がいままで地下金庫に保管していた特定の古文書を翻訳した結果、マヤ人が宇宙人と交流していたという証拠がみつかった」と説明したと言います。

ラウル・ジュリア・レヴィはインタビューで「メキシコ政府が考古学者たちと一緒にマヤ人と宇宙人の交流の証拠が書かれた古文書と遺物などを公開する予定」とし、「その内容を映画に反映する計画だ」とも言っているそうです。
映画「マヤ2012年とその後の啓示(邦題未定)」は、マヤ人たちが予言した終焉の日である2012年12月21日までに公開される予定です。



宇宙人との対話を通し、これに関する内容を確認してみました。


_____________


インターネットニュースに古代マヤ人が宇宙人と出会った証拠が見つかったという記事がありました。
メキシコ政府のある位の高い関係者と有名な製作者が古代マヤ人たちが外国人と繋がっていた可能性が高いと発表し、メキシコ政府は、いままで数十年間公開されなかったマヤ文明に関する古代文書を、映画製作者に公開したと伝えています。
映画製作者はドキュメンタリー映画「マヤ2012年とその後の啓示(仮)」を製作する予定だそうです。
今この時期にマヤ文明に関する話が公論化しはじめ、話題に上がってくる理由を考えると、つまりはその時がきたからなのだという感じがします。
なので、宇宙人トラントさんとマヤ文明に関する対話をしたいと思います。


(宇宙人)
ええ、良いですよ。



メキシコ政府が、いままで数十年間公開されなかったマヤ文明に関する古代文書を今になって公開する理由がなんなのか、気になります。

メキシコ政府も、今の地球の状況が普通でない状態になりつつあることを感じているのです。
メキシコは彼らの先祖が残した歴史に関し相当な自負心とともに、意味を解析しようと専門研究チームを作り、数十年間調査し、相当量先祖が残した宇宙のメッセージに関する情報を集めていました。
そうした研究結果と世界的に広がっている今の現状があまりにも近接していてきていることに恐ろしささえ感じている状況でしょうね。
だから、今までの研究結果をそのまま、メキシコで最も影響力のある監督に、古代マヤに関する資料を伝達し、世界の人々に伝えるために公開することにしたのです。



そうなんですか。
では、マヤ文明の始まりに関してから話をしたいのですが。マヤ文明の始まりは、誰がどんな目的で文明を開いたのでしょうか?


マヤ文明は紀元前32,000年頃に作られた文明で、プレアデスの宇宙人たちによって形成された文明です。
文明の始まりは、すべて「進化」という巨大な流れの中で現れるものであり、プレアデスの宇宙人たちが自身の進化のため、実験的に建立した文明です。



紀元前32,000年頃ですと、シリウス宇宙人たちがエジプト文明を建設した時期と同じ頃のようですが。
(以前の対話でエジプト文明、メソポタミア文明に関しては話を聞いていた)
私が間違って理解しているのでしょうか?それとも何か関連性があって時期を合わせているのでしょうか?


大丈夫、ちゃんと理解していますよ。シリウスとプレアデスは地球の文明に深く関与をしてきました。
伝説として残っているアトランティスとレムリアも二つの星が関与したように、お互い双璧をなしており、地球で多くの実験的な文明を指導したのです。



それは特別な理由があってそうしたのですよね?

地球という星を発見してから、二つの星はそこに文明を建設し始めました。
文明が発達する過程で、シリウスとプレアデスから進化のために数多くの子孫が地球に降り立ち生を持ちました。
だから、地球に残っている子孫たちの進化と、彼らをまた本来の自分たちの星に復帰させるために、地球で胎動している文明に介入し、発展のための多様な研究と実験をすることになったのです。
今も子孫たちの進化のために、持続的に地球のことに一定部分関与しています。



どれほどの子孫が地球に降りてきているのでしょうか?

相当数の子孫たちが地球に降り、人間として生活しています。彼らは地球で何度かの生を経験し、完全に自身の故郷を忘却した状態で、地球での生に慣れ親しんでいます。



では、失われたマヤ文明は失敗したのでしょうか?成功したのでしょうか?

マヤ文明は半分の成功をおさめたまま、失われてしまいました。



半分の成功とは、どういった意味でしょうか?

半分の成功とは、人間は自然と近い人生を送れば送るだけ、自分を見つけ出すことにおいて有利だということを知ったことであり、失敗面は、人間は環境に大きな影響を受け、環境的な要因が進化において相当に重要であることを疎かにしたことです。

マヤ文明は熱帯密林の中で生まれたので、自然の中心で生活をすることになり、自然環境に適用することによって純粋な心と意識を維持することができます。
しかし熱帯気候というものが人間に及ぼす影響は、一定の気候でサイクルの変化が小さいため、環境の変化の幅は四季のある場所に比べ小さいものでした。

人間は身体固有のリズムによって感情が変化します、そしてこの変化のために、多様な思考と行動をすることになります。
春、夏、秋、冬の四季節を持っている地域は、ある一つの季節に定着することはできません。春に適用し始めると夏が来て、暑さと戦い、夏に適用してきたところで気運の性質が全く異なる秋が来て、次には冬がやってきて…と、季節に適用することが簡単ではない環境の中に生きていますよね。
こうした環境は肉体に大きなストレスを与えます。そのストレスは考え方に影響を与えており、多様な思考を可能にしている要因として作用しているのです。

人間は環境に適用する動物であり、ある一つの季節が続けば、その季節に人体が適用し、思考もまた変化します。
一定の温度と環境が持続すると、思考が一定の思考カテゴリーに留まってしまい、いつのまにかお気楽な道に慣れていってしまいます。
熱帯地方の人々が相対的に怠慢なのは、まさに季節の影響であるともいえるのです。
すなわち、環境によって体と心が作用されるということですね。



そうなんですね。インカ文明とマヤ文明はプレアデスから関与があり、エジプト文明とメソポタミア文明はシリウスから関与がありました。二つの文明がどちらも気候的な面では、砂漠と熱帯雨林など偏った場所であるという共通点がありますが、どんな理由でこのような場所に文明を開かれたのでしょうか?

人間の生において、環境は本当に重要な要因として作用します。環境に適用し過ぎると、天を意識しないという結果が出ていて、これはすなわち物質的な生活になれると、その物質環境に適用してしまった余り、自分が元いた場所である天を忘れてしまうということです。
だから、自分なりに天を意識して生きていける環境を探してみると、物質文明の発達において多少制約的にならざるを得ない、やや厳しい環境、自然と完全に密着した環境を選択して文明の実験をおこなったのです。



へぇ、それほど深い意味があったのですね。今日のお話、ありがとうございました。



___________



気候や環境が思考に影響を与える、その前提に立つと、昨今の異常気象や地球環境の激変は、人間たちの凝り固まった思考を変えようとする、地球の意志を感じますね。

かつての失敗を繰り返さないよう、思考を柔軟に、天を意識しながら暮らしていきたいものです。

ありきたりなUFO論争…なんでUFOは現れるの?

[宇宙雑学] 投稿日時:2011/10/31(月) 11:11

昔から、UFO(未確認飛行物体)の真偽に関する論争はインターネット場で話題になってきました。
だからなのか、UFOを写した写真や動画がインターネットに上がっても、今は見飽きた写真として扱われます。


一体UFOは、なぜ現れ続けるのでしょうか?そして彼等は何を伝えようとしているのでしょうか?
瞑想を通じて、宇宙人に直接聞いてみました。




________



UFOはなぜ現れるのでしょうか?

宇宙人たちはとても多くの方法を通して、地球を見守っています。
地球は希望の星であるためです。私たち宇宙人たちは、できるだけ多くの地球人たちを助け、また、できるだけ多くの地球人たちと共感(対話)したいのです。
しかし、そうできない理由は、地球人たちが日常のことにあまりに執着しすぎていて、洪水や干ばつ、地震や台風などの自然災害と異常気象など実際に起きている地球の危機に関心を示さないためです。

都心にUFOが現れるようなことが起きれば、あなたはそれの意味が何だと思いますか?
その答えを考える際、もっとも良い方法は、人々が自分の周辺で起きていることの答えを、愛から探し自身を振り返ることです。

今後も少しずつ、もっと多くのUFOが現れるてくるでしょう。こうして現れるのには理由があります。
地球人たち自身の力で、その理由を知ることが重要です。
UFOは人類の歴史に介入することを好みませんが、人間たちが間違った方向に向かっていることに、何もしないではいられないのです。

私たちはみなさん全てを助けるために動いています。愛の心はいかなる状況でも、もっとも大きな力になるのです。




いっそのことUFOが着陸してくださったらと思うのですが。

UFOは陸にそう簡単に着陸したりしません。特に宇宙人がUFOから出てくるようなことはほとんどありません。




なぜですか?

宇宙で起きていることに対し、人間たちが持っている理解水準は、現在とても低い水準です。
今、地球に来ている宇宙人たちは4次元以上の星からきています。
地球の空に見えているすべてのUFOは、5次元以上の恒星から来ているものです。

UFOはそれほど簡単に陸に着陸しません。
以前にお伝えしたことがあるように、宇宙人たちには、かならず従わなければならない法則があるのです。その法則は、一緒に考え形成していくようなものではなく、無言の、公然の法則です。

地球人たちには、自身の早い進化のための、彼らのスケジュールがあるのです。
今の3次元の恒星が宇宙人たちによって動揺させられれば、これは地球の人間たちの進化に影響を及ぼしてしまいます。

月は元々2つだった??

[宇宙雑学] 投稿日時:2011/09/12(月) 21:45



「地球には二つ月があった」新説発表








先日アメリカカリフォルニア大学で、月が二つであったという研究結果が発表されました。
原始の地球に、外部の恒星が衝突する事故があり、その際に地球の内部物質が飛び出し月が二つ形成されたそうです。
その後片方の月がもう片方の月に衝突し、一つの月になったという内容の発表でした。

しかし、これとは少し異なる主張もあります。
伝説として伝えられてきたアトランティスとレムリアは実存していた古代文明であり、現在とは比較できないほどの最先端科学技術を持っており、その二つの文明間の争いの中で、今のように月が一つになったという主張です。
この興味深い話について、宇宙人が教えてくれました。





_________


本来地球には月が二つあったのですが、うち一つは、アトランティスが遠くに押しやってしまいました。
レムリア人たちがその月に多く住んでいたためです。

アトランティス人たちは、その月の四カ所に核と反物質を利用した大きな爆発物を設置し、地球から遠くへ離れていくようにしました。
その月は、公転周期が長くなりながら、公転軌道もだますます大きくなり、今までも地球から離れつつあります。
そこに住んでいたレムリア人たちは、火星に移住しましたが、今は別の太陽系に移っていきました。

興味深いのは、月が二つあった時はまったく傾かずにまっすぐ立っていた地球の軸が、二つ目の月が離れていった後、少しずつ傾き始めた点です。そうして今の地球の状態になったのです。
一つの月が離れてく中で、地球は力の均衡を失ったということです。



(『宇宙から来た古代文明の設計者たち(韓国語)』より、抜粋後翻訳)

_________





なにげなく眺めていた月にこのようなストーリーがあったとは感慨深いですね。
予測もできない歴史を持った地球、今まで知っていた地球の歴史を超えた、新しい視点を持ちたいものです。

美しい仲秋の名月。
人々の、我を超えて周囲を思いやる心が、より豊かになっていくことを、お月様に願ってみようかなと思います。

twitterで共有