大きくする 標準 小さくする

ブログ

次へ>>

光よりも早いニュートリノ…アインシュタインは間違っていた?[メッセンジャー通信]

投稿日時:2011/11/01(火) 11:30

超光速素粒子ニュートリノ、27日から検証実験 相対論の行方、世界が注目



物質を構成する最小単位の素粒子「ニュートリノ」が光よりも速く動いたとする測定結果を、名古屋大大学院理学研究科の中村光広准教授らの参加する国際研究グループが9月に発表しました。
これは光速を超える物がないことを柱とするアインシュタインの相対性理論と矛盾する結果であり、事実であれば現代科学が根底から覆るほどの大発見です。



穏やかな波長を通し、ヘドロポリス(アンドロメダにある七次元の星)に住んでいるアインシュタインさんと共感、対話をおこないました。
「光より速い素粒子発見」とは果たして正しいのか、全世界の科学界が検証してみようとしている内容を主題に会話してみました。




____________



アインシュタインさん、いらっしゃいますか?

はい、お待ちしておりました。



アインシュタインさんは相対性理論を通し、光の速度よりも速いものはないということと、時空間のゆがみについて、説明されました。
今回の発表は、現在の科学を100年間支えてきた偉大な理論に対する挑戦状だと言えます。
地球が存在している3次元世界で発表された相対性理論ですが、今回発表されたことに対しどうお考えですか?
測定ミスですか?偉大な発見でしょうか?


地球人たちがしっている世界は、まず、おっしゃる通り3次元の世界を基準にしています。
3次元世界では光より速いものは存在しません。
しかし、次元を拡張した宇宙へ目を向ければ、光よりも速い物体や粒子はいくらでも存在するのです。

私が今暮らしている7次元から3次元に存在しているメッセンジャー(対話者)と対話できることも、つまり波長を通しておこなう方法ですが、この波長は光の数十、数百倍の速さです。

人間たちが考えている宇宙の根源物質は、宇宙からすれば大きな粒子の一つだと言えるでしょう。
それより数億倍小さい粒子がありますが、これがすなわち東洋思想で考えられている宇宙の「気」です。
これはとても小さく、現代の科学では測定できないものであり、今の科学の発達状況を考えれば、1000年も経てば測定可能になるでしょう。

地球上、いえ、宇宙上に存在するまったく同じように見える粒子であっても、それが持っているエネルギー量は違いがあります。
人間たちが作ろうとしている核融合反応も同様です。粒子に膨大なエネルギーを注ぎ込むことで、想像もできないようなことをするために研究していますね。

人間たちが考えている宇宙と実際の宇宙はかなりの差異があります。
重畳(幾重にも重なった)宇宙を通過し、光りよりも速い速度で交流がおこなわれている宇宙時代に地球が入ろうとしていますが、それに伴い、現在の視点から人間の意識をより拡張させるために発見されたと言えるでしょう。



重畳宇宙とはなんですか?

現在地球は3次元に存在しています。
これはつまり、3種類のエネルギーの向きが存在していると言うことです。
4次元になれば、4方向に運動が可能であり、5次元になれば5方向へ運動が可能です。
これは俗に言う、次元の壁の要素だと言えます。
同じ次元内ではどれほど速い速度で動いても限界があり、過去や未来の状況を確認することはできません。
しかし4次元以上では、過去と未来をある程度は自由に行き来できます。

地球で超音速飛行機を作るとき、地球の大気圏の中だけを動くなら速度の限界があるため、大気圏外に出て一定の範囲を飛行した後に地球に戻れば、より早い時間で移動が可能になるのと同じことです。
宇宙には人間が測定できず理解できない、大気圏のような膜が無数に存在していますが、これは次元の膜だとも言えるでしょう。

次元の膜を通過するためには、膨大なエネルギーが必要です。
雷が落ちるとき次元が異なる場所に移動するという設定のマンガがありますが(何のマンガか不明)、それは正しいです。
稲妻のように、瞬間に膨大なエネルギーが特定の空間に集中するとき、次元の門が瞬間的に開かれる場合があります。

このような方法で宇宙では次元の膜を通過し、望んだ場所へと瞬間移動をしているのです。



そうなんですね。
つまりは、時代別に新しい科学的発見を通し、人間の意識の幅を広げる契機としているようですね。
今は宇宙時代に直面しているため、光より速いものが存在し得ることを伝えてくださっているのですね。


その通りです。
人間たちは物質界の中で、科学者たちの理論的説明と証明がなければ信じない習慣を持っています。
だから、精神文明が爆発的に発展できる機会をたくさん仕掛けているのです。
東洋で発達した精神文明を再び活気づかせるためには、自分たちの科学的思考をしばし置いておく時間が必要なのです。

今まで人間たちが培ってきた科学的常識が破壊される事件が、今後も次々と起こるでしょう。



その事件とは、どのようなものでしょうか?

もっとも簡単に起こりうる事件は、宇宙人との直接的な出会いでしょう。
非公式的に交流している場合が多いですが、大衆の前に実際に現れる時、凄まじい意識の拡張を経験することになるでしょう。
私たち宇宙人たちは、地球人たちの意識の拡張を通し、私たちと交流できる日を待ちわびています。



そうなんですね。
素敵なお言葉、ありがとうございます。

古代マヤ人、宇宙人と繋がっていた?[メッセンジャー通信]

投稿日時:2011/11/01(火) 01:01

「古代マヤ人は、宇宙人と交流していた」という主張が、インターネット上で話題になっています。

9月28日アメリカ芸能専門ニュース「Thewrap」によれば、メキシコ政府の関係者と映画製作者ラウル・ジュリア・レヴィは、古代マヤ人たちが宇宙人と交流していた可能性が高いと発表したそうです。
ルイス・アウグスト・ガルシア・ロサド観光長官によれば、「政府がいままで地下金庫に保管していた特定の古文書を翻訳した結果、マヤ人が宇宙人と交流していたという証拠がみつかった」と説明したと言います。

ラウル・ジュリア・レヴィはインタビューで「メキシコ政府が考古学者たちと一緒にマヤ人と宇宙人の交流の証拠が書かれた古文書と遺物などを公開する予定」とし、「その内容を映画に反映する計画だ」とも言っているそうです。
映画「マヤ2012年とその後の啓示(邦題未定)」は、マヤ人たちが予言した終焉の日である2012年12月21日までに公開される予定です。



宇宙人との対話を通し、これに関する内容を確認してみました。


_____________


インターネットニュースに古代マヤ人が宇宙人と出会った証拠が見つかったという記事がありました。
メキシコ政府のある位の高い関係者と有名な製作者が古代マヤ人たちが外国人と繋がっていた可能性が高いと発表し、メキシコ政府は、いままで数十年間公開されなかったマヤ文明に関する古代文書を、映画製作者に公開したと伝えています。
映画製作者はドキュメンタリー映画「マヤ2012年とその後の啓示(仮)」を製作する予定だそうです。
今この時期にマヤ文明に関する話が公論化しはじめ、話題に上がってくる理由を考えると、つまりはその時がきたからなのだという感じがします。
なので、宇宙人トラントさんとマヤ文明に関する対話をしたいと思います。


(宇宙人)
ええ、良いですよ。



メキシコ政府が、いままで数十年間公開されなかったマヤ文明に関する古代文書を今になって公開する理由がなんなのか、気になります。

メキシコ政府も、今の地球の状況が普通でない状態になりつつあることを感じているのです。
メキシコは彼らの先祖が残した歴史に関し相当な自負心とともに、意味を解析しようと専門研究チームを作り、数十年間調査し、相当量先祖が残した宇宙のメッセージに関する情報を集めていました。
そうした研究結果と世界的に広がっている今の現状があまりにも近接していてきていることに恐ろしささえ感じている状況でしょうね。
だから、今までの研究結果をそのまま、メキシコで最も影響力のある監督に、古代マヤに関する資料を伝達し、世界の人々に伝えるために公開することにしたのです。



そうなんですか。
では、マヤ文明の始まりに関してから話をしたいのですが。マヤ文明の始まりは、誰がどんな目的で文明を開いたのでしょうか?


マヤ文明は紀元前32,000年頃に作られた文明で、プレアデスの宇宙人たちによって形成された文明です。
文明の始まりは、すべて「進化」という巨大な流れの中で現れるものであり、プレアデスの宇宙人たちが自身の進化のため、実験的に建立した文明です。



紀元前32,000年頃ですと、シリウス宇宙人たちがエジプト文明を建設した時期と同じ頃のようですが。
(以前の対話でエジプト文明、メソポタミア文明に関しては話を聞いていた)
私が間違って理解しているのでしょうか?それとも何か関連性があって時期を合わせているのでしょうか?


大丈夫、ちゃんと理解していますよ。シリウスとプレアデスは地球の文明に深く関与をしてきました。
伝説として残っているアトランティスとレムリアも二つの星が関与したように、お互い双璧をなしており、地球で多くの実験的な文明を指導したのです。



それは特別な理由があってそうしたのですよね?

地球という星を発見してから、二つの星はそこに文明を建設し始めました。
文明が発達する過程で、シリウスとプレアデスから進化のために数多くの子孫が地球に降り立ち生を持ちました。
だから、地球に残っている子孫たちの進化と、彼らをまた本来の自分たちの星に復帰させるために、地球で胎動している文明に介入し、発展のための多様な研究と実験をすることになったのです。
今も子孫たちの進化のために、持続的に地球のことに一定部分関与しています。



どれほどの子孫が地球に降りてきているのでしょうか?

相当数の子孫たちが地球に降り、人間として生活しています。彼らは地球で何度かの生を経験し、完全に自身の故郷を忘却した状態で、地球での生に慣れ親しんでいます。



では、失われたマヤ文明は失敗したのでしょうか?成功したのでしょうか?

マヤ文明は半分の成功をおさめたまま、失われてしまいました。



半分の成功とは、どういった意味でしょうか?

半分の成功とは、人間は自然と近い人生を送れば送るだけ、自分を見つけ出すことにおいて有利だということを知ったことであり、失敗面は、人間は環境に大きな影響を受け、環境的な要因が進化において相当に重要であることを疎かにしたことです。

マヤ文明は熱帯密林の中で生まれたので、自然の中心で生活をすることになり、自然環境に適用することによって純粋な心と意識を維持することができます。
しかし熱帯気候というものが人間に及ぼす影響は、一定の気候でサイクルの変化が小さいため、環境の変化の幅は四季のある場所に比べ小さいものでした。

人間は身体固有のリズムによって感情が変化します、そしてこの変化のために、多様な思考と行動をすることになります。
春、夏、秋、冬の四季節を持っている地域は、ある一つの季節に定着することはできません。春に適用し始めると夏が来て、暑さと戦い、夏に適用してきたところで気運の性質が全く異なる秋が来て、次には冬がやってきて…と、季節に適用することが簡単ではない環境の中に生きていますよね。
こうした環境は肉体に大きなストレスを与えます。そのストレスは考え方に影響を与えており、多様な思考を可能にしている要因として作用しているのです。

人間は環境に適用する動物であり、ある一つの季節が続けば、その季節に人体が適用し、思考もまた変化します。
一定の温度と環境が持続すると、思考が一定の思考カテゴリーに留まってしまい、いつのまにかお気楽な道に慣れていってしまいます。
熱帯地方の人々が相対的に怠慢なのは、まさに季節の影響であるともいえるのです。
すなわち、環境によって体と心が作用されるということですね。



そうなんですね。インカ文明とマヤ文明はプレアデスから関与があり、エジプト文明とメソポタミア文明はシリウスから関与がありました。二つの文明がどちらも気候的な面では、砂漠と熱帯雨林など偏った場所であるという共通点がありますが、どんな理由でこのような場所に文明を開かれたのでしょうか?

人間の生において、環境は本当に重要な要因として作用します。環境に適用し過ぎると、天を意識しないという結果が出ていて、これはすなわち物質的な生活になれると、その物質環境に適用してしまった余り、自分が元いた場所である天を忘れてしまうということです。
だから、自分なりに天を意識して生きていける環境を探してみると、物質文明の発達において多少制約的にならざるを得ない、やや厳しい環境、自然と完全に密着した環境を選択して文明の実験をおこなったのです。



へぇ、それほど深い意味があったのですね。今日のお話、ありがとうございました。



___________



気候や環境が思考に影響を与える、その前提に立つと、昨今の異常気象や地球環境の激変は、人間たちの凝り固まった思考を変えようとする、地球の意志を感じますね。

かつての失敗を繰り返さないよう、思考を柔軟に、天を意識しながら暮らしていきたいものです。

ありきたりなUFO論争…なんでUFOは現れるの?[メッセンジャー通信]

投稿日時:2011/10/31(月) 11:11

昔から、UFO(未確認飛行物体)の真偽に関する論争はインターネット場で話題になってきました。
だからなのか、UFOを写した写真や動画がインターネットに上がっても、今は見飽きた写真として扱われます。


一体UFOは、なぜ現れ続けるのでしょうか?そして彼等は何を伝えようとしているのでしょうか?
瞑想を通じて、宇宙人に直接聞いてみました。




________



UFOはなぜ現れるのでしょうか?

宇宙人たちはとても多くの方法を通して、地球を見守っています。
地球は希望の星であるためです。私たち宇宙人たちは、できるだけ多くの地球人たちを助け、また、できるだけ多くの地球人たちと共感(対話)したいのです。
しかし、そうできない理由は、地球人たちが日常のことにあまりに執着しすぎていて、洪水や干ばつ、地震や台風などの自然災害と異常気象など実際に起きている地球の危機に関心を示さないためです。

都心にUFOが現れるようなことが起きれば、あなたはそれの意味が何だと思いますか?
その答えを考える際、もっとも良い方法は、人々が自分の周辺で起きていることの答えを、愛から探し自身を振り返ることです。

今後も少しずつ、もっと多くのUFOが現れるてくるでしょう。こうして現れるのには理由があります。
地球人たち自身の力で、その理由を知ることが重要です。
UFOは人類の歴史に介入することを好みませんが、人間たちが間違った方向に向かっていることに、何もしないではいられないのです。

私たちはみなさん全てを助けるために動いています。愛の心はいかなる状況でも、もっとも大きな力になるのです。




いっそのことUFOが着陸してくださったらと思うのですが。

UFOは陸にそう簡単に着陸したりしません。特に宇宙人がUFOから出てくるようなことはほとんどありません。




なぜですか?

宇宙で起きていることに対し、人間たちが持っている理解水準は、現在とても低い水準です。
今、地球に来ている宇宙人たちは4次元以上の星からきています。
地球の空に見えているすべてのUFOは、5次元以上の恒星から来ているものです。

UFOはそれほど簡単に陸に着陸しません。
以前にお伝えしたことがあるように、宇宙人たちには、かならず従わなければならない法則があるのです。その法則は、一緒に考え形成していくようなものではなく、無言の、公然の法則です。

地球人たちには、自身の早い進化のための、彼らのスケジュールがあるのです。
今の3次元の恒星が宇宙人たちによって動揺させられれば、これは地球の人間たちの進化に影響を及ぼしてしまいます。

スティーブ・ジョブズは私たちに何を残していったのか[メッセンジャー通信]

投稿日時:2011/10/17(月) 10:10

去る10月5日、スティーブ・ジョブズ永眠のニュースが全世界に伝えられました。

 

 

彼はiPad、iPhoneなどによって、誰でもその気にさえなれば、

地球上のあらゆる情報に接続することを可能にしました。

 

 

多くの人々は彼が作ったiPadやPhoneで彼の死亡のニュースをリアルタイムで知り、

全世界が悲しみに暮れました。




出典:連合ニュース

 

 

「私の考える技術とは、世界がもっと緊密に連絡をとれるようにするもので、

今後もそうあるでしょう」

 

「デザインは、製品やサービスの連続的な外層に表現された、人間の創造物の魂です」

 

 



彼はデジタル機器に魂を宿し、

人々は彼の「作品」を通じて、国境を越え、たくさんの人々と世界に出会いました。

 

人々は彼をうらやましく思い、

同時に人間の無限の潜在能力を感じ、興奮しました。

 

そうしたことが、彼の永久の不在がこれほど大きく感じる理由ではないかと思います。

 

 

 

全世界人のロールモデルだった、スティーブ・ジョブズ!

 

未婚の母の子に生まれ、養子になり、

成功と失敗を繰り返し、

膵臓癌によって、ジェットコースターのような起伏の激しい人生に終わりを告げました。

 

 

しかし、多くの人々は彼の人生を「完璧であった」と言うでしょう。

 

 

 

彼は地球での生を通じて、同時代を生きている私たちに、

何かを見せたかったのではないかと思います。

 

 

 

希望のメッセンジャーが宇宙人との対話を通じ、

アップルの英雄を越え、地球の英雄となった、

スティーブ・ジョブズの人生に、光を当ててみました。

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 
 
 

 

 

-スティーブ・ジョブズが地球人に及ぼした影響は、何でしょうか?

 

人間が偉大だということをわからせてくれたことでしょう。

その人間がすなわち私だということ、

私もやはりそうした人生を生きることができるという希望を与えてくれたのです。

 

彼がくれた希望は、地球人にとってとても重要なことだと言えます。

最近の人々は、自分が巨大なシステムの一つの付属品に過ぎないと感じ、

その巨大な歯車に従属し窒息しそうな人生を送っていますよね。

しかし、人々は彼の人生を見て、

今の地球のような時代にもこうして自由に生きることができることを知り、

胸を弾ませながら生き、夢を成就させていく人間に対し、羨望の心を持つことになり、

自分の人生を振り返って、自分もそのように生きたいと思う心を呼び起こしたことでしょう。

 

最近は、英雄のいない時代、メンターのいない時代だと言います。

しかし、実は音もなく訪れる革命をジョブズは起こしました。

その革命は「人々に対し自分自身に対し希望を見ること」と言いましょうか。

 

 

 

-ジョブズの地球での使命はありましたか?

 

地球人の胸に夢を投げかけることでした。

その夢とは、物質文明の最終段階でのコンピュータの技術革新であり、

物質文明の極点から精神文明へと行く途中で、創造的な力と不屈の精神との出会いを見せることにより、

従来の生活の枠組みにとらわれない新しい変化と、創造に関する力強い模範を見せたのでした。

特にアメリカ人に対してです。

 

彼が作ったものは物質文明の最先端を行く機具でしたが、

これを作った原動力は精神力でしたので、

物質と精神の中間段階でのインスピレーションを見せてくれたのです。

 

 

 

-彼を追慕する各界各層の人々の行列が終わりなく続いています。

彼を追慕する同時代に生きる私たちの姿勢はどうあるべきですか?

 

彼の人生を通じ学ぼうとする姿勢でしょう。

他人の価値ある人生と自分自身になんの関連も見出せないならば、

(ジョブズの死は)全く意味のない一つの出来事に過ぎません。

不幸に生まれ、挫折を経験し、また起き上がって自分の夢を咲かせてみせた人間の功績を見て、

大きな刺激を受けることが必要でしょう。

そうしてお互い刺激をやりとりすることは、社会的存在である人間が、

他者の人生に対し持たなければならない姿勢なのです。

 

彼が天才だと思うならば、

各自自分の内に内在している天才性を発見し、

これを目覚めさせてあげれば良いのです。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------



「時間は限定されています。

他人の人生を生きるために、時間を浪費しないでください。

最も重要なことは

自分の胸とインスピレーションに従う勇気を出すことで、

すでに皆さんの胸とインスピレーションは

あなたが目指すところを知っています」

 

 

 

スティーブ・ジョブズに自分の人生を評価させたら、彼は一体どう考えるでしょうか?

おそらく、ひとしきり楽しく熾烈な遊びだったと話すのではないでしょうか?

 

 

人々は人生を苦海(生死・苦悩が海のように広がっているたとえ)だと考え、

自分を縛り付ける足かせに身動きがとれないまま生きながら、

心だけは全てから解放されたいと言います。

 

 

生まれつきの肯定論者であり楽観主義であり、

常に何を追求するかと考えていて、

周囲の状況に左右されなかった彼の勇気ある人生に、賛辞を送ります。

北極オゾン層破壊の拡大、地球への影響は?[アメブロ転送]

投稿日時:2011/10/10(月) 11:35

深刻なオゾン層の破壊によって、北極圏の上空でも南極のオゾンホールに匹敵する穴ができていることが国立環境研究所など国際的な研究グループの調査で確認されました。


$危機の地球、希望を歌う ~宇宙人からのメッセージ~


東ヨーロッパとロシア、モンゴルなどの該当地域の人々に、皮膚がんや遺伝子損傷などを誘発する可能性があるそうです。

北極の成層圏は南極に比べ温暖気流が流れてきやすく、南極ほど深刻なオゾン層破壊は起こらないことが予想されますが、今年の冬の異例に長期化した寒冷化によって、オゾン層破壊が40%を超えてしまいました。



_____________

針葉樹伐採が地球寒冷化の主要因


北極から来る寒気が、カナダの森林破壊によるということですが、具体的にどういうことでしょうか?


地球の温度がある範囲に保たれるのは、熱気と冷気の調和によります。
赤道付近は、過度に活性化した熱気を押さえ、適正な気温を維持するために、アマゾンの密林地域の樹木が必要なのです。二酸化炭素を受け入れて酸素を吐き出すのが木の役目であることを知っていますね。熱気が二酸化炭素とともに熱帯雨林地域に入ると、木がこれを処理して、比較的新鮮な冷気である酸素を放出します。
反対に、地球の冷気の貯水池と言える北極は、それを取り巻いているツンドラ地域の森林によって、冷気が保存されているのです。針葉樹が、尖った葉を通じて冷気を受け入れ、自分の内部に保存しながら消化しているのです。二酸化炭素と同時に冷気を一緒に吸収するのです。そして酸素とともに比較的温暖な温もりを吐き出すのです。そのように、広葉樹と針葉樹の機能は基本的に反対なのです。


それでは、ロシアやカナダのツンドラ地域の針葉樹伐採が、地球の寒冷化の主な原因だということでしょうか?


そうです。しかしもう取り返しのつかないところまで来ました。カナダで伐採した所に造林するとしても、針葉樹はその特性上、成長に時間がかかります。完全に育つまで本来の機能を担うには力不足というわけです。
すでに保護膜をすべて失った状況ですので、北極の冷気はまっすぐ南下します。地球のほぼ全域がその影響を受けるようになるでしょう。





*この内容は、『宇宙人の愛のメッセージ~危機の地球、希望を語る~』(10月末発刊予定)から抜粋しています。
次へ>>

<< 2021年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ一覧